銀行とキャッシングの違い

金利の安さで考えるなら銀行から借りるのが一番だといわれています。

 

銀行の最大の特徴は金利が安い事です。

 

消費者金融と比較すると金利が安く、返済時に支払う金額も少なく済みますので、返済金額の事だけを考えるならできる限り銀行から借りるのが良いと思います。

 

それでは、どうして、わざわざ比較的金利が高いと言われている消費者金融からお金を借りる人がいるのでしょう。

 

それは銀行の場合、金利が安い代わりに審査が厳しく、しかもその審査に時間がかかるというデメリットがあるからです。

 

いくら金利が安くても、消費者金融よりも審査が厳しいので、落ちてしまう可能性がありますので、落ちてしまっては借りられず、「時間が掛かって、結局お金が借りら

 

れなかった」という状況に陥る事にもなりかねません。

 

審査が終わるまでの時間も長いので、本当に必要な時にすぐに借りられない場合も想定されます。

 

消費者金融の方が、必要な時に必要なだけ手軽にお金を借りることができますが、銀行になると簡単にお金を借りるのが難しくなります。

 

言い方を変えると、銀行は審査を厳しくして時間を掛けて慎重に借りる人を選んでいるからこそ、金利を安くできているという事にもなると思います。。

 

時間に余裕があるなら銀行、なるべく早く、気軽にお金を借りたいなら消費者金融というように上手く使い分ける方がより快適な生活を送れると思います。